自社製/GEMU社製のダイヤフラムバルブ、無滞留バルブ、アクセサリーを製造・販売しております

トラブルシューティング

製品トラブルシューティング

バルブのトラブルは、下記トラブルシューティングをご確認ください。
修理・交換に関しては、メールまたはお電話にてお問い合わせください。

自動バルブ

状態 原因 処置
作動しない 駆動流体が出ていない コンプレッサの故障 コンプレッサの点検
電磁弁の故障 電磁弁を新品に交換 or 修理
駆動流体は正常である アクチュエータの故障 アクチュエータの修理 or 交換
アクチュエータから駆動流体が漏れる アクチュエータの故障 アクチュエータの修理 or 交換
バルブの開閉ストロークがとれない 駆動流体圧が不足している 駆動流体圧(0.4~0.6MPa)を確認して下さい。

手動バルブ

状態 原因 処置
作動しない ハンドルが回らない アクチュエータの故障 アクチュエータの修理 or 交換

手動バルブ&自動バルブ

状態 原因 処置
バルブを閉めても流体が止まらない 異物をかみ込んでいる ダイヤフラム及びステムの交換取扱説明書の第10章の手順に従って分解の上、点検して下さい。
シールリングが破損していた場合にはステムアッシーを新品に交換して下さい。
ボディに傷があった場合には、ボディを交換してください。
使用流体圧が仕様範囲を超えている。 仕様範囲内(0.5MPa以下)で使用して下さい。
アクチュエータの空気抜け穴から使用流体が漏れる ダイヤフラムの破損 ダイヤフラムを新品に交換
アクチュエータとボディの間から液体が漏れる ダイヤフラムの締め込み不足 取扱説明書第11、12章に従って、ダイヤフラムの増し締めを行って下さい。
増し締めしても止まらない場合は、ダイヤフラムを新品に交換して下さい。
ダイヤフラムの破損 ダイヤフラムを新品に交換