header_line

GEMU社製ダイヤフラムバルブ取扱説明書,IOT社製ダイヤフラムバルブ取扱説明書

left_line

IOT-TOP >> トラブルシューティング

トラブルシューティング

アイ・オー・テクノロジー(IOT)の取扱製品に関するトラブルシューティング
各種取り扱い製品の説明書もご用意しております。一部ダウンロードも可能です。

IOT社取扱説明書ダウンロード

GEMU社各種取扱説明書ダウンロード

IOTバルブ

自動バルブ
状態 原因 処置
作動しない 駆動流体が
出ていない
コンプレッサ
の故障
コンプレッサ
の点検
電磁弁の故障 電磁弁を新品に交換 or 修理
駆動流体は
正常である
アクチュエータ
の故障
アクチュエータの修理 or 交換
アクチュエータから
駆動流体が漏れる
アクチュエータ
の故障
アクチュエータの修理 or 交換
バルブの開閉ストローク
がとれない
駆動流体圧が
不足している
駆動流体圧(0.4〜0.6MPa)を
確認して下さい。
手動バルブ
作動しない ハンドルが
回らない
アクチュエータ
の故障
アクチュエータの修理 or 交換
手動バルブ&自動バルブ
バルブを閉めても
流体が止まらない
異物を
かみ込んでいる
ダイヤフラム及びステムの交換
取扱説明書の第10章の手順に従って
分解の上、点検して下さい。
シールリングが破損していた場合には
ステムアッシーを新品に交換して下さい。
ボディーに傷があった場合には、
ボディーを交換してください。
使用流体圧が仕様範囲
を超えている。
仕様範囲内(0.5MPa以下)で
使用して下さい。
アクチュエータの
空気抜け穴から
使用流体が漏れる
ダイヤフラムの破損 ダイヤフラムを新品に交換
アクチュエータと
ボディーの間から
液体が漏れる
ダイヤフラムの
締め込み不足
取扱説明書第11、12章に従って、
ダイヤフラムの増し締めを行って下さい
増し締めしても止まらない場合は、
ダイヤフラムを新品に交換して下さい。
ダイヤフラムの破損 ダイヤフラムを新品に交換

※交換・修理に関しては弊社にお問い合わせください。


right_line
Copyright © 1998-2019 I.O.Technologies Co.,ltd. All Rights Reserved.